老化による抜け毛

老化による抜け毛、薄毛がきになる方は多いと思います。老化はなぜ抜け毛の原因となるのでしょうか?老化によって血管の弾力性が失われます。その結果、血流が悪くなります。血流が悪くなると栄養が全身に行き渡りにくくまります。当然、本来髪の毛や頭皮に行くはずの栄養素も減少します。すると、抜け毛や発毛の状態が悪くなるということになります。
また、加齢によってホルモンの分泌量も低下します。特に女性の場合、閉経により女性ホルモンの分泌が極端に低下します。女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛の成長を促すホルモンであるため、発毛に関して大きな影響を及ぼします。老化とは年齢を重ねるとうことです。年齢を重ねると、特に男性の場合、会社などで責任のあるポジションについている可能性が高いことが考えられます。

その結果、仕事においても若い頃とは比べ物にならないプレッシャーの中で働いていることになります。しかし、だんだんそれにも慣れてきて、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまっているという状態になってしまっているかもしれません。ストレスは間接的に、抜け毛の大きな原因になります。ストレスを感じると発毛に重要な亜鉛が消費されやすくなります。また、自律神経が乱れさらに血流が悪くなり、ホルモンのバランスも乱れやすくなります。前述のように、ホルモンバランス、血流の悪化は抜け毛、そこからくる薄毛の原因です。さらにストレスを解消する方法にしても、若い時に思い切りハメを外していたようなストレス解消の方法はできません。このように、老化は薄毛や抜け毛につながる様々な原因を引き起こします。それを防ぐためにも。頭皮をマッサージし血流を促す、ストレスを溜めない生活をすることが重要です。



 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ