男性と女性で異なる抜け毛の悩み

男性と女性では、性ホルモンの働きに違いがあるので、肉体的特徴には差異が生じることになります。髪の毛もそのうちの一つで、女性は緑の黒髪とも呼ばれるほど太く長く成長するのに対して、男性の場合は薄毛と呼ばれる状態になる人が全体の30%にも達してしまいます。

これは、女性ホルモンのエストロゲンがコラーゲンなどの潤い成分の生成をサポートするのに対して、男性ホルモンのテストステロンの一部はDHTという脱毛症を引き起こす物質に変化するという違いによるものです。このDHTが原因で進行する症状のことはAGAと呼ばれており、生え際から頭頂部にかけての部分が薄くなるのが特徴です。

これは、この部分の髪の毛のヘアサイクルが狂わされたことにより、本来であれば3年間〜5年間は続く成長期が半年〜1年程度にまで短縮されてしまうのです。これにより、太く長く成長することが出来なくなるので、短い状態のままで抜けてしまいます。このために、抜け毛の中に短いものや細いものが増えてきた場合は要注意ということになります。
なお、この症状はテストステロンの分泌量が急激に増加する思春期以降にゆっくりと進行します。その後、30才前後で著名となるのが日本人男性の場合は一般的で、50才以降に限定すると発症頻度は40数%にまで高くなります。

これに対して、現在急増しているといわれている女性の薄毛は、エストロゲンの分泌量の低下が原因と考えられています。男性のように特定の範囲に集中するのではなく、髪の毛全体が薄くなるのが特徴です。また、必ずしも抜け毛が軟毛だけではないということも男性との違いで、健康的な長い髪がいきなり抜けてしまうというケースも少なくはありません。

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ